除草剤で「メロン全滅」の農家、1週間弱で支援金1700万円集まる:ITmedia ビジネスオンライン

スポンサーリンク

 最近の農家家具・・・変換ミスで脳科学によると、人間は他人を助けると脳が気持ちよくなるらしい。

 絵本芸人の西野ナントカという人もいろいろ人助けみたいなことをやっていて、アンチから偽善者呼ばわりされてきたが、「気持ちイイ」という喜び、もっといえば快楽という報酬を得ているのだから、もっと捻じれた意味でも偽善者というわけでもないのかもしれない。

 だから、別に批判でも揶揄でもなく、無償の人助けみたいなことをやっている人がいたら「あの人はお金とか苦労とかと引き換えに気持ちイイ体験を得ようとしているのだな」と思えばやっかみもなくなるのではないか。

 マラソンや登山と同じようなものか。そもそも寄付なんてものはそうやって成り立っているのだから。

 エゴイストばっかりの集団よりも、助け合うと気持ちよくなるDNAを持った集団のほうが生き残る確率が高かったのだろう。

 そういうのも人類が世界中に拡散できた理由のひとつかもしれない。イイとか悪いとか善とか偽善とかではなく、生物としてそのほうが生き残りやすかったということなのかもしれない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする