マラソン原裕美子容疑者、執行猶予中に群馬で逮捕 キャンディーなど万引で再び起訴— 産経ニュース:クレプトマニアの真の原因とは?

スポンサーリンク

過去に書いた記事

トップリード新妻悠太容疑者が逮捕 有吉弘行のラジオでも「疑惑」(日刊ゲンダイデジタル)

でも思ったのだが、こういう窃盗癖のことを「クレプトマニア」と呼ぶそうだ。

SNSなどでも同様の見解が多く、懲罰よりも治療が必要、という意見が出ているのだが、万引き裁判では容疑者はクレプトマニアだとする言い訳じみた裁判戦術も多いと語る人もいて、真相はよくわからない。

 クレプトマニアではないが、他の依存症で生活費を失い、万引きや窃盗を繰り返す人が多いという。

 原容疑者はマラソンの競技者ゆえに摂食障害からクレプトマニアになったと言っているそうだが、これが本当であれば他の病気からクレプトマニアを発症した例ということか。

 まさにメンタル悪化のスパイラルといったところだが、誰しも人生なにが起こるかわからないので、決して他人事ではない。

 何かの記事で性犯罪者の厚生プログラムというのを読んだが、犯罪的な欲求が出てきたら他のことを考える訓練を行うそうで、クレプトマニアも治療もそういう感じなのであろうか?

 不謹慎だが、今回彼女は店内で店員にバレた結果逮捕されたそうだが、そのまま走って逃げられたら、普通の店員ならまず追い付けないだろう。

いや、もしかしたら肉体面までボロボロになっていて、元マラソン代表選手が素人店員に追いかけられて、あっさり捕まったりしたらなおのこと切ないけれども・・・。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする