水道橋博士「ビートたけし独立騒動」動画アップもダダ滑り まいじつ /smapに倣って「新しいたけし軍団」で復活を

未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「北野武がオフィス北野から独立」という小噺のような見出しから始まった今回の騒動。

 ワイドショーなどでコメントする芸能人は、芸能界政治学的にも、明日は我が身な立場からもたけし軍団寄りのコメントをする人が多いようだが、森社長にも言い分はあるのではないかと少々同情的に思う。

 いわゆる若者向けコンテンツの表現者が会社とトラブルを起こしたりすると、当然ファンは表現者側を支持したがりがちなのだが、会社経営という視点で見ると、会社側の言い分もわからないではない、といったケースも多いのではないかと。

 最初からハッキリしたビジネスパートナーとしての「お仕事」的な関係だったなら、むしろ契約に則って淡々と交渉が行われるのだろうが、オフィス北野の場合は独立時からの「盟友」といった関係だっただけに、なぁなぁとやってきた部分がむしろ問題を拗らせているように見える。

 「芸人一門のひとり」ではなく、芸能事務所の社長という経営者からすれば、タレントは「利益を生み出す商品」なのだから、商品価値の有無をシビアに判断してしまうのもやむを得ない部分もあるだろうし、忙しくなればタレント個人にいちいち相談に乗っていられなくなることもあるだろう。

 なまじ盟友的な関係だっただけに、お互いにビジネス関係以上の期待をしてしまったり、あるいは細かい報告はいいか、みたいなことが積み重なって今回の事態を招いたようにも見える。

 どちらに多くの非があるのかどうかわからないが、たけし軍団が新しい事務所で再出発するとしたら、元スマップに対抗して「新しいたけし軍団」と名乗ったりするオチをつけるのは如何でしょうか?

コメント