【芸能人移籍に制限 違法可能性】TBSNEWS/反社会団体の制度を継承し

スポンサーリンク

「芸能界の奴隷契約」にまつわる記事を目にするたび、思い出すのは実話誌などで読んだ、今では反社会と呼ばれる組織の人々の業界渡世の制度。

細かい話は忘れたけど、問題を起こした組員へのペナルティとして、組からの破門や、他の組が再雇用(?)するのも御法度だとかいろんな規約の慣習があるという。

もともと日本の芸能界はそういう方々のシノギのひとつだったから、そういう慣習がそのまんま適応されたと見るのが自然な理解か。

 相撲界出身の力道山がプロレス団体を立ち上げたとき、相撲出身者が多かったこともあって相撲のシステムがそのまま慣用されたのと同じようなものか。もちろん「かわいがり」とか、今一番問題になっている慣習も一緒に。

 いまの新日本プロレスはそういう古い習慣をかなり改善? したらしく、今の人気の下支えになっているのかもしれない。いや、実際は関係ないかもしれないけれど。

 政府とかも公ではブラックは駄目絶対とか言いつつ、日本では一番目立つテレビ芸能界がそういう慣習で成り立っているところは、なんとも「日本らしい」ような気がする。

ワイドショーなどで、ブラック企業や学校や部活の問題について芸能人コメンテイターがいろいろコメントしているが、自分たちの業界こそどうなのかと小1時間問い詰められるべきなのかも。ブラック企業や部活みたいに正座させられたりしてw

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする