宇野昌磨は“例外”? 記者が「二度と取材したくない!」と叫ぶアスリートを実名暴露 【サイゾーウーマン】 :ダル有の「言葉責め」がたまらない件について

スポンサーリンク

まぁ犯罪者でもないスポーツ選手が公式取材以外に「説明責任」を果たす義務はないわけで、ダルビッシュとかのつれない態度はわからないでもない。

ダルビッシュは高校時代から喫煙写真を撮られたり、家族や交際相手がいろいろと書かれてきたから、特に敏感になっているのかもしれない。

長嶋茂雄の時代なら、公私ともに記者と仲良くなってお互いにプロ野球を盛り上げようというやり方もあったろうけど、今とは状況が違うし、そういうのが嫌いな選手はどうしても嫌いだろうし、今じゃハラスメントになってしまう。

この記事に対するツイッター上の反応も、記者側をバッシングする意見が多い。

それにしてもダル有さんのこのコンボ口撃は強烈w

 『親はこの仕事してるって知ってるの?』『子どもに言えないでしょ』『いつ転職するの?』と畳み掛けてきて、気が済むとさっさと帰ってしまう。

こうなったら週刊誌や夕刊紙の風俗担当記者にM癖の強い人を探し出してもらって、その人に取材記者になってもらうしかない。

 M癖が強いほどイケメン高スペック男ダル有の「言葉責め」に病みつきになって、みんなが嫌がる取材でも率先してやってくれるに違いありません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする