【ミャンマーではなぜか鎌倉大仏の人気が高い!?】リアルライブ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

 ミャンマーでは仏堂に収められてない屋外にある仏像が大変珍しいらしく、そのあたりも鎌倉大仏ブームの原因ではないかとされている。

 理由はわからないが奈良の大仏は鎌倉大仏ほど人気がないようだ。

  検索すればすぐに出てくるが、鎌倉大仏が露天なのは、元々は大仏殿のなかに鎮座していたのだが、地震とか津波とか台風とかで大仏殿が崩壊してしまい、再建する余裕がないまま「まぁこのままでもいいか・・」となって現在に至る・・・という理由なので「珍しいだろ?」と自慢できるかどうかというと微妙なんだよな・・・。

 ミャンマーのなかでも敬虔な仏教徒は、人でにぎわう鎌倉大仏の画像や映像を見て「大仏への参拝者が沢山いる、日本人も我々と同じく敬虔な仏教徒が多いんだ!」などと勘違いしないだろうかと心配になってしまうw

 あと、奈良より鎌倉が人気があるのは、単なる東京と羽田空港とかから行きやすいからという利便さもあるんじゃなかろうか・・・。

コメント