【池坊保子氏「モンゴル人は狩猟民族のDNA」発言の見識】文春オンライン

 

ダウンタウンの浜ちゃんがエディーマーフィーの「顔面コスプレ」として黒塗りにしたら差別だと言われてニュースになっているが、「差別の本場」アメリカは半端じゃねえ!

 なにせ大統領自らが、

トランプ氏が言う「便所のような国」とはアフリカ諸国やハイチを指す。

ホワイトハウスの報道官はこれらの発言を否定していない。

トランプ氏は昨年6月の会議でもハイチからの入国者を「皆、エイズにかかっている」、ナイジェリア人が自国の「掘っ立て小屋に帰らない」と発言したと報じられている(産経ニュース 1月12日)。

 まさに「俺たちには言えないことを言ってのける」男。そこに痺れたり憧れたりはしないが、要は権力さえ握ればやりたい放題ということか。

 それに比べたらスケールは大幅にダウンするが、日本人だってブッ飛んでる奴はいる。元文部「科学」副大臣であり、現在は日本相撲協会・評議員会議長であられる池坊保子氏!

「(モンゴル人は)狩猟民族だからね。勝ってもダメ押ししないと殺されちゃう。良い悪いは別にして、DNAかもしれないわ」

日本人が外国人に「サムライだから、ゲイシャだから、スシとスキヤキだから」とドヤ顔でワケのわからない決めつけをされたら不愉快だろうが、そんなことはお構いなし。

 そんないい加減なことばかり言っていると、モンゴル人に「張り手」どころか、リモコンで殴られた挙句、暴行事件を揉み消されてしまうかもしれないぜ!

コメント