【クロちゃんドッキリ、気があると演じ続けたモデル「辛かった」と吐露 「人を傷つけておいて…」と炎上】J-CASTニュース

スポンサーリンク

https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12144-317810/

水曜日のダウンタウン」(TBS系)のドッキリ企画で、お笑いトリオ「安田大サーカス」のクロちゃんを騙し続けたモデル・小林レイミさん(27)のツイッターが炎上している。

きっかけは、小林さんがドッキリ企画の放送は終了後に投稿したツイートだ。仕掛け人としてクロちゃんと接した1週間について「身を削る思いをした」「辛かった」などと否定的に振り返ったことに、「性格悪すぎ」「クロちゃんが可哀想」との批判が相次いでいるのだ。

昭和の昔、人気TVドラマで悪役を演じた役者が、多くの視聴者のガチなヘイトとヒートを買ってしまい、リアルで嫌がらせを受けるといった事象があったそうですが、これだけさまざまな情報へのアクセスが可能になった時代でも、本当にこんな現象が起こるなんてにわかに信じがたい……。

まあ実際は全体から見ればごく少数派のアレ…な方々が反応してるだけなんだけど、J-CASTニュースが「芸能人の炎上ネタはPVを稼げるから」と無理に記事にしただけかも知れませんが…。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする